気づけば40代突入orzのおっさんのブログ。一応IT系?の仕事してます。
スポンサーサイト
--年--月--日(--) --時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Panasonic DIGA DMR-BZT710 4T化
2016年01月02日(土) 13時40分
 買ったのは2012年1月だったかな。なのでもう4年使っているブルーレイレコーダーPanasonic DIGA DMR-BZT710。容量が500GBと頼りない容量なので、すぐHDDが容量オーバーしてしまい、2Tの外付けHDDに待避するも2台目のHDDも一杯に・・・。ちなみに外付けHDDに保存出来る録画上限は1000番組だそうです。

 と言うことで、レコーダー本体のHDDを500GBから4Tに交換しました。

<用意するもの>
 レコーダー本体
 外付けHDD or BD-RE(レコーダーのバックアップ用)
 交換用HDD(3.5インチ、SATA)
 HDDデュプリケーター

<交換手順>
1.レコーダーの中に録画されているビデオを、外付けHDDやBD-REにコピーしておきます。もしレコーダー本体に残されたビデオが不要なら、この手順は不要です。

2.レコーダー本体を分解して、HDDを取り出します。手順はこちら。ここで取り出したHDDを「旧HDD」と今後呼びます。

3.旧HDDから新HDDにデュプリケーターを使って中身(レコーダーのOS)をコピーします。
 DSC_0218_s.jpg
 新しく用意した新HDDはHGSTの4Tです。ネットで調べたら、発熱を抑えるために7200rpmを避けて、出来れば日立製でTV用コマンドがどーのこーのできるHDDがオススメとのことでした。

 DSC_0229_s.jpg
 最初に準備したデュプリケーターが、たまたま自宅にあったAREAのMr.Clone3.0です。これで何度かやって失敗しました。理由はパッケージに大きく「3T対応」と書いてありました。つまり4TのHDDに非対応という簡単なオチ(笑)。

 DSC_0232_s.jpg
 そこで新たに準備したのがGroovyのCLONES-03-SAIDです。これを使ったらイッパツで成功しました。

4.バイナリエディタHxDでハードディスクを開く。
 ソフトはネット検索すると出てくると思います。
 今回はデュプリケーターに新HDDだけを装着して、USB経由でPCに接続します。
 続いてHxDを「管理者モード」で起動します。起動したら「エクストラ」から「ディスクを開く」を選び「物理ディスク」を選択します。
 ディスクを開く
 この時、ウチの環境では「ハードディスク1」と「ハードディスク2」が表示されました。両方開いて容量を見たらハードディスク2の方が容量が大きかったので、この後の作業は「ハードディスク2」で行いました。

5.バイナリエディタHxDでコードを書き換える。
 HxDのメニューから「置換」から「検索」を選びます。
 新しい窓が開いたら「51 BA 80 0E」を検索します。データの種類は「16進値」を選びます。データが見つかったら、その部分を書き換えます。
 4TB → 88 D2 05 74
 3TB → E6 5D 04 57
 2TB → 44 E9 02 3A
 1TB → A2 74 01 1D
 合計8カ所、この作業をしたら上書き保存して終了します。
 置換
 ちなみに「置換」の中の「置換」もあるのですが、置換は時間がかかるうえ、失敗しました。

6.新HDDをレコーダーに戻し、テレビ配線も戻します。

7.レコーダーの電源を入れます。多分エラーになりますが、まずはちゃんと電源が入ることを確認します。確認出来たら電源を落とします。

8.リモコンの「スタート」ボタンで起動し、「初期設定」の「HDD/ディスク/USB-HDD設定」を選び、「HDD設定」からHDDのフォーマットを行います。この作業は必須作業なので、新HDDにコピーされたビデオはここで消去されてしまします。フォーマット作業そのものは1分程度で終わります。

9.再起動して録画一覧を確認して、録画時間が増えていれば成功です。
 DSC_0231_s.jpg
 DRモードで368.59時間と表示されました。説明書によると500GBは約45時間と書かれているので、およそ8倍の記録時間になりました♪
スポンサーサイト
Panasonic DIGA DMR-BZT710 HDD交換
2016年01月02日(土) 12時12分
 年末年始にいろいろなHDD交換作業をしました。
 まず第1段としてブルーレイレコーダーDMR-BZT710のHDDを500GB→4Tに交換しました。
 レコーダーの4T化は手順いろいろな手順があるので別に整理して書くことにして、ここではシンプルに「レコーダーのHDDを取り出す手順」を書いておきます。

DSC_0220_s.jpg
 すっかりホコリまみれ(笑)のレコーダーです。

DSC_0222_s.jpg
 まずは黒いケースを外します。赤い○印の部分にある背面3カ所と側面2カ所、合計5カ所のネジを外し、ケースを後ろ側にスライドさせると外れます。

DSC_0223_s.jpg
DSC_0224_s.jpg
 続いてフロントベゼルを外します。
 写真の赤い○印のツメが上面に1カ所、側面2カ所、底面3カ所、合計6カ所のツメを外します。
 ベゼル(ツメの穴)はプラスチック製なので、無理しすぎると割れる恐れがあります。なので私は穴をこじ開けず、本体側のツメ(金属製)を押し込んで外しました。

DSC_0225_s.jpg
 こんなカンジでご開帳。ベゼルを外す時はB-CASカードに気をつけましょう。よく分からない方は、先にB-CASカードを外してからベゼル外しをすると良いでしょう。

DSC_0226_s.jpg
 さてHDDを外します。
 まず黄色い○印のコネクタ3つを外します。
 それから赤い○印のネジを3カ所外すと、本体とHDDが分離します。

DSC_0228_s.jpg
 最後にHDD金具を外します。
 赤い○印のネジを4カ所外すと、HDD単体になります。

 あとは新しいHDDを逆手順で装着すればOKです。
 始めての作業はおっかなびっくりやっていたので30分近くかかりましたが、慣れてくると10分あれば交換出来るようになります。
サブノートPC購入
2015年01月18日(日) 19時09分
 先週、仕事用サブノートを購入しました。

IMG_3084_s.jpg
 NECのLaVie Z LZ550/SSBです。
 ホントはLenovoのFlex10が欲しかったんですが、メモリ4GBのが店頭ではほとんど売っておらず、ネットで買うのも長期保証とかで修理に出すことを考えるとちょっとなー・・・と断念。
 で、たまたま行ったヤマダ電機豊橋店でこのLaVieを発見。ホントは5万円ぐらいで抑えたかったんですが、通常価格11.5万円のところがたまたま9万円だったので即購入。

 CPUはCORE i5、メモリ4GB、SSD128GB、USB2.0×2ポート、HDMI出力というスペックです。USBが3.0でないのがアレですが、SSDのおかげでかなり起動が速いです。
 付属OfficeはHome & Business 2013。仕事で多用するパワーポイントも同梱です。

IMG_3086_s.jpg
 まず本体が薄い。写真は3DS LLなんですが、コレと比べても薄いです。
 そして何より重量が軽い!総重量795gはまるでタブレット。軽いので、ノートPC単体で持ち運ぶと何だか軽すぎて気持ち悪いです(笑)。

IMG_3087_s.jpg
 液晶は13インチの非光沢タイプ。仕事用に買ったので非光沢は見やすいです。
 更にIGZO液晶なので、コントラストが強めで発色も良いです。購入前に検討していたLenovoやASUSなどと比べると、独特の「白っぽさ」が無いのが嬉しいです。
 ただしタッチ非対応なのですが、そもそもWindows8.1のメトロ画面がキライだったし、画面をタッチするよりキーボード手前のスライドパッドで十分。というか、フリーのソフトをインストールして、起動するとすぐデスクトップ画面を表示し、スタートボタンも復活させたので、タッチ画面不要です。

 キーボードは若干ストロークが浅いので慣れが必要ですが、変なレイアウトでも無いのであまり違和感無く使えています。
 SSDは128GBと小さめですが、基本的には会議での議事録を作成したり、パワポ作ったりとOffice作業メインのサブ機なので、あまり気にしてません。

 と言うことで、個人的にはなかなか良いサブノートを買えたなと満足しています(^^)。

IMG_3088_s.jpg
 ヤマダポイントが10%(およそ9千円分)付いたので、5%で長期保証を付け、ついでにBluetoothマウスもポイントで購入しました。
 しかしサブノートにありがちな「Bluetoothが途切れる」現象がコレにも発生し、10分に1回ぐらいのペースでマウスが利かなくなります。そんな時はキーボードの上でマウスをフリフリすると復活したりするんですが、ちょっと使いにくいので実際は余ってた小型レシーバ付き無線マウスを使っています。
テーマ:ノートPC
ジャンル:コンピュータ
甘くないラズベリーパイ購入
2014年11月03日(月) 12時27分
 ラズベリーパイを購入しました。
IMG_2965.jpg
 写真左に写っている基板むき出しのソレが「ラズベリーパイ」という超小型コンピュータです。
 比較のために一緒に撮影したのは、iPhone4です。

 CPUはARMプロセッサ(700MHz)、メモリ512MB、USB×2、HDMI出力、LANポート、SDカードスロットというとてもシンプルな構成で、電源は5V1A程度のmicroUSB(アンドロイドスマホの電源)で動作します。
 OSイメージを入れたSDカードを挿入して、USBキーボード&マウス、LANケーブルを接続し、HDMIケーブルで液晶テレビと繋いだら電源を入れます。
IMG_2977.jpg
 するとおごそかにインストールが始まり、設定画面が表示されます。設定に関するTipsはネットに沢山ある(ちなみにCHIBINは「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ超入門」という本を購入しました)ので、ソレを参考にしてください。
 Linuxベースなので、CUI画面で立ち上がってくるあたり、ちょっとマニアック魂をそそります(笑)。

IMG_2979.jpg
 ただ、CUI画面では使いにくいので、ログイン後にstartxコマンドでXウィンドウを呼び出し、Windowsでも使い慣れたGUI画面にして使用します。

IMG_2980.jpg
 有線LANによるDHCPは自動認識してくれるので、ネットはすぐ使えます。
 無線LANに関しては、バッファローの「WLI-UC-GNM」を使えば1発で繋がりますが、他の機種だとかなり困ります。ってか最初エレコムの「WDC-150SU2M」を購入しましたが、上手く繋がりませんでした・・・。

IMG_2983.jpg
 ネットと言えば、VNCも動作してくれます。
 上手いこと設定すると、iPad上からラズベリーパイが遠隔操作できます。

IMG_2981.jpg
 教育向け(?)プログラム開発環境「スクラッチ」も動作します。
 後で紹介するGPIOの簡単な制御もこのスクラッチで出来るのがスゴいです。

IMG_2988.jpg
 ラズベリーパイで一番やりたかったのがコレ。
 マザーボード上にGPIOと呼ばれる専用のインターフェースを装備しており、入出力がピン単位で制御できます。
 例えばこんなカンジにブレッドボードにLED回路を構成して、スクラッチでプログラムを記述することでLEDの点灯を制御することができます。その他にもスイッチの入力を取り込んだり、I2Cデバイスを繋いで温度などのアナログ値を取り込むなんて事も出来るみたいです。
 台数が揃えば、学校の実習でも使えそうな予感です。

 その他にも、いわゆるLinuxサーバとして使用できるので、webサーバにしたり、sambaサーバ立ち上げてデータサーバにしたりもできるようです。

 これだけいろいろ出来て5,000円程度で本体が売っているんですから、こういうの好きな人にはたまらないオモチャだと思います(^^)。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
落雷
2014年07月22日(火) 20時39分
 先週土曜日の昼過ぎ、豊橋でゲリラ雷雨がありました。
 CHIBINはその時、外出先でギョーザ食べてた(笑)んですが、何度か落雷したのが分かりました。

 自宅に帰ったのは夜10:30ぐらいだったんですが、自宅は真っ暗。漏電ブレーカが落ちてました。
 主幹ブレーカが落ちるのはたまーにありますが、漏電ブレーカが落ちるって相当だな・・・という心配が的中。

 いろいろと家電が壊れました(T^T)。

 電源すら入らなくなったのはHUB。お陰で自宅のネットワーク系統が全て死んでました。
 幸い特売で買っておいた100BASE-TXのHUBがあったので、とりあえずソレと交換。ホントはギガイーサHUBにしたいんですがね。

 続いてインターネットが繋がらない。
 調べた結果、無線ルータのWANポート(と4つあるLANポートのうち1ポート)が死んでました。
 仕方なくコレは買い直すハメになったんですが、新しく買った無線ルータがすこぶる不調(T^T)。また今週末買い直すことになりそうです。

 ネットが復旧したんですが、それでもLANに繋がらないのがパナソニックのBDレコーダとPS3。
 この2台もどうやらLANポートが死んだみたいです。
 が、幸か不幸か無線LANを搭載しているので、有線接続を諦め、無線で繋ぐことに。

 その他の家電は概ね大丈夫そうですが、パナソニックに繋いでいる外付けHDDが何か不安定な動きをしているのがちょっと心配。

 あと今日分かったのが電話機。
 落雷以来ずーっと電話が不通だったんですが、NTTにも電話が繋がらず、何が悪いのか分かりませんでした。
 ところが今日たまたま学校で余った電話機を見つけたので、自宅に持ち帰って電話線を繋いでみたら無事に通話できました。電話機を交換して繋がったということは、今まで使ってた電話機も壊れたみたいですorz。

 と言うことで、今回の落雷被害をまとめると・・・
<買い直し>
 ・HUB(ギガHUBを買い直す予定)
 ・無線LANルータ(7800円のを買い直したけど不調)
 ・電話機(FAX・コピー・スキャナ複合機)
<有線LANポート故障>
 ・パナソニックBDレコーダ
 ・PS3

 総額、いったいいくらの被害になったのか・・・怖くて計算したくありません(苦笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。